実存から実存者へ

講談社学術文庫
ジツゾンカラジツゾンシャヘ
実存から実存者へ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

リトアニアに生まれ、ストラスブール大学に学んだ後フランスに帰化したユダヤ人哲学者レヴィナス。第二次大戦に志願するがドイツの捕虜収容所に囚われて四年を過ごし、帰還後ユダヤ人を襲った災厄を知る。かつての師ハイデガーのいう〈支配する主体〉の対極に、レヴィナスは〈現存者〉を措定、戦争で露呈した現代人の〈実存〉の運命を考察する。時代を深く予見したフランス現代思想の巨匠の代表作。

目次

  • 1 序章
  • 2 実存との関係と瞬間
  •   1.実存との関係
  •   2.疲労と瞬間
  • 3 世界
  •   1.志向
  •   2.光
  • 4 世界なき実存
  •   1.異郷性
  •   2.実存者なき実存
  • 5 実詞化
  •   1.不眠
  •   2.定位
  •   3.時間へ

製品情報

製品名 実存から実存者へ
著者名 著:エマニュエル・レヴィナス 訳:西谷 修
発売日 1996年11月08日
価格 定価:880円(本体800円)
ISBN 978-4-06-159257-5
通巻番号 1257
判型 A6
ページ数 238ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る