論文の技法

講談社学術文庫
ロンブンノギホウ
論文の技法
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本書は論文を書く人のための技法書です。それだけでなく、論文をどう書き始めたらいいのか困ったときに、また論文を書くことに飽きたり、行き詰まったり、恐怖心をいだいたりしたときに、ちょっとしたヒントと勇気づけを与えてくれる本です。アメリカの著名な社会科学者が、長年にわたる自らの論文指導の体験をもとに、論文作成の基本的な考え方とその方法を、具体例を示しながら説いた必携の書。

目次

  • ●第1章 大学院生のためのフレッシュマン英語――1つの回顧録、2つの理論――
  • ・書き直しは予期すべきこと/プレースホルダーとは/受け身構文の使用について/たわごと飾りを削る ほか
  • ●第2章 ペルソナと権威
  • ・上等な書き方/上等なペルソナ/権威的なペルソナ ほか
  • ●第3章 正しいやり方は1つか?
  • ・仮のやり方/どのように書き始めるか/中身を先に、導入を後に ほか
  • ●第4章 耳を使って修正する
  • ・規則と指針/発見的教授法のすすめ/具体例に見る修正の仕方 ほか
  • ●第5章 1人の専門家として書き方を習う
  • ・生涯にわたって書くことを学ぶ/学術雑誌の編集経験/私の文章作成上の儀礼 ほか
  • ●第6章 リスク……〔パメラ・リチャーズによる〕
  • ・信頼をめぐる問題/アイディアの横取り/評価のおそれ ほか
  • ●第7章 それをドアから外に出す
  • ・よりよくすることをいつ終えるか/書いたものを外に出す/出すと待つのバランス ほか
  • ●第8章 文献の恐怖
  • ・独創性をどう伝えるか/古典の使い方/文献の使い方 ほか
  • ●第9章 摩擦とワープロ
  • ・頭と手の区別/文章作成の肉体的側面/タイピングの肉体的側面 ほか
  • ●第10章 最後に一言
  • ・あなたの問題はあなたのもの/とにかく書くこと/書くことは組織と関係ある行為だ ほか

製品情報

製品名 論文の技法
著者名 著:S・ハワ-ド・ベッカ- 訳:佐野 敏行
発売日 1996年09月10日
価格 定価 : 本体960円(税別)
ISBN 978-4-06-159248-3
通巻番号 1248
判型 A6
ページ数 328ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る