中国的レトリックの伝統

講談社学術文庫
チュウゴクテキレトリックノデントウ
中国的レトリックの伝統
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本書は、レトリックに見る中国人独特の思考とその生き方を探ろうとするものである。古くは「建安七子」の1人で悪口(あっこう)のレトリックの名手・陳琳(ちんりん)、杜甫(とほ)以前の中国最大の詩人と目される曹植(そうしょく)から革命家・毛沢東までを取りあげ、彼らの巧みな表現、言い回しとその発想を読み解く。さらに現在日本の文学者のなかで、高橋和巳、武田泰淳ら中国的レトリックを自在に駆使した作家への影響をも明らかにする。

目次

  • ●1 政治的レトリックの伝統――中国口舌徒瞥見(くぜつとべつけん)
  • ・悪態の美学――陳琳について
  • ・曹操論
  • ・阮籍小論(げんせきしょうろん)――「詠懐詩」を中心として
  • ・変革のパトス――毛沢東の文体と発想
  • ●2 文学的レトリックの伝統――中国表現者瞥見
  • ・文心雕龍論(ぶんしんちょうりゅうろん)――その文学の根本的原理への道程
  • ・曹植の世界――詩を中心として
  • ・乱世の女たち――「世説新語」の世界から
  • ・中国白話短篇小説の展開――「喬太守 鴛鴦の譜を乱め点めること」を素材として
  • ・中国近世短篇小説集『三言』のこと
  • ●3 日本文学への影響――その1断面
  • ・高橋和巳と中国文学
  • ・武田泰淳と中国文学
  • ・花田清輝のレトリック――ホモ・プロ・セの精神

製品情報

製品名 中国的レトリックの伝統
著者名 著:井波 律子
発売日 1996年08月09日
価格 定価 : 本体816円(税別)
ISBN 978-4-06-159245-2
通巻番号 1245
判型 A6
ページ数 296ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1987年4月、影書房から刊行

お知らせ・ニュース

関連サイト
講談社学術文庫の「大文字版」がオンデマンドで読める!
「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」好評です!

学術文庫の版面をそのまま、四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本するオンデマンド版を販売中です。ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の約600書目がラインナップとして用意しています。
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!