「新しい歴史学」とは何か

講談社学術文庫
アタラシイレキシガクトハナニカアナールハカラマナブモノ
「新しい歴史学」とは何か
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

19世紀後半からフランス歴史学界の主流を占めた実証主義に対して、アンチ・テーゼとして登場したアナール派。その主張は、限定した学問体系を別個に打ちたてることではなく、逆に歴史を狭い専門領域の囲いから解放することであった。歴史における時間と空間の多層性を認識の前提にして、「フォークロア」や「死と生」「都市空間」など多様な領域をとりあげ、歴史学を人間諸科学の総体として捉えた好著。

目次

  • ●1 「日常性」と近代の権力秩序
  •   近代における文化の諸相
  •   「監獄の時代」としての近代
  • ●2 フォークロアのまなざし
  •   歴史とフォークロア
  •   ミレーの「洗濯女」から
  • ●3 死と生の歴史学
  •   クリオとタナトス 死の歴史学
  •   家族の多様性 フランスの家族史から
  • ●4 都市空間と民衆行動
  •   ポリエードルとしての都市
  •   19世紀の都市と民衆
  •   労働大衆と消費文化 世紀末からベル・エポック

製品情報

製品名 「新しい歴史学」とは何か
著者名 著:福井 憲彦
発売日 1995年10月03日
価格 定価 : 本体874円(税別)
ISBN 978-4-06-159201-8
通巻番号 1201
判型 A6
ページ数 302ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1987年4月、日本エディタースクール出版部刊

書店在庫を見る