茂吉秀歌「つゆじも」から「石泉」まで百首

講談社学術文庫
モキチシュウカツユジモエンユウヘンレキトモシビタカハラレンザンセキセンヒャクシュ
著:塚本 邦雄 解説:芳賀 徹
茂吉秀歌「つゆじも」から「石泉」まで百首
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

――一般には備忘録の寄せ集め風に考へられてゐる滞欧詠や、何となく埃臭い印象の満関支詠に意外に興味津津の素材が犇き、画期的な文体が散見できることに改めて目を見張った。外国語頻用も特徴の1つである。必ずしも留学作品に限らず、帰国後の日常詠も幻惑的な横綴りを鏤める。世界のいづれの地に赴いても、過たず対象の本質を直感して作品化する、あの抜群の言語感覚は羨ましい。(著者・跋より)

目次

  • ・つゆじも
  • ・遠遊
  • ・遍歴
  • ・ともしび
  • ・たかはら
  • ・連山
  • ・石泉

製品情報

製品名 茂吉秀歌「つゆじも」から「石泉」まで百首
著者名 著:塚本 邦雄 解説:芳賀 徹
発売日 1994年07月04日
価格 定価:1,068円(本体971円)
ISBN 978-4-06-159134-9
通巻番号 1134
判型 A6
ページ数 404ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1991年2月、文藝春秋から刊行

書店在庫を見る