論語物語

講談社学術文庫
ロンゴモノガタリ
  • 電子あり
論語物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

このうえなくわかりやすい言葉で、『論語』のエッセンスを読める!
孔子が伝えたかったことは、こんなことだった。

『次郎物語』で名高い作家にして教育思想家であった下村湖人が、
人生をかけて読んだ『論語』を、そこに残された言葉をもとに、ひとつの物語として書き紡いだ。
ページをひらけば、孔子や弟子たちが直接語りかけてくる!

【永杉喜輔「まえがき」より】
湖人は生涯をかけて『論語』に学んだ。二千年以上も経た『論語』の章句を自由自在に使って、『論語』で養われた自分の思想を物語に構成したものが本書で、『論語』の精神を後世に伝えたい一念が結晶している。孔子と弟子たちが古い衣をぬぎすて、現代に躍り出す。その光景がみずみずしい現代語でたんねんに描かれている。

【本書「富める子貢」より】
「なるほど、貧富ともに体験をつんだという点では、君は第一人者じゃな」
 子貢の耳には、孔子のこの言葉は、ちょっと皮肉に聞こえた。しかし、孔子がみだりに皮肉をいう人でないことを、彼はよく知っていたので、次の瞬間には、それを自分がほめられる脱提であると解した。
「君が、貧にしてへつらわなかったことも、富んで驕らないことも、わしはよく知っている」
 そういった孔子の口調は妙に重々しかった。子貢は、ほめられると同時に、なぐりつけられたような気がした。
「それでいい。それでいいのじゃ」
 孔子の言葉つきはますます厳粛だった。子貢は、もうすっかり叱られているような気になってしまった。
「だが――」と孔子は語をつづけた。
「君にとっては、貧乏はたしかに一つの大きな災いだったね」
 子貢は返事に窮した。彼は、今日道々、「貧乏はそれ自体悪だ」とさえ考えてきたのであるが、孔子に真正面からそんな問いをかけられると、妙に自分の考えどおりを述べることができなくなった。
「君は、貧乏なころは、人にへつらうまいとして、ずいぶん骨を折っていたようじゃな。そして、今では人に驕るまいとして、かなり気を使っている」
「そうです。そして自分だけでは、そのいずれにも成功していると信じていますが……」
「たしかに成功している。それはさっきもいったとおりじゃ。しかし、へつらうまい、驕るまいと気を使うのは、まだ君の心のどこかに、へつらう心や、驕る心が残っているからではあるまいかの」
 子貢は、その明敏な頭脳に、研ぎすました刃を刺しこまれたような気がした。孔子はたたみかけていった。……

目次

  • 1 序文
  • 2 富める子貢
  • 3 瑚れん
  • 4 伯牛疾(はくぎゅうやまい)あり
  • 5 志をいう
  • 6 子路の舌
  • 7 自らを限る者
  • 8 宰予(さいよ)の昼寝
  • 9 觚、觚ならず
  • 10 申とうの欲
  • 11 大廟に入りて
  • 12 豚を贈られた孔子
  • 13 孝を問う
  • 14 楽長と孔子の目
  • 15 犂牛(りぎゅう)の子
  • 16 異聞を探る
  • 17 天の木鐸(ぼくたく)
  • 18 磬を撃つ孔子
  • 19 竈(そう)に媚びよ
  • 20 匡の変
  • 21 司馬牛の悩み
  • 22 孔子と葉公(しょうこう)
  • 23 渡し場
  • 24 陳蔡の野
  • 25 病める孔子と子路
  • 26 一以(いつも)って貫く
  • 27 行蔵の弁
  • 28 永遠に流るるもの
  • 29 泰山に立ちて
  • 30 人生の案内者 下村湖人

製品情報

製品名 論語物語
著者名 著:下村 湖人
発売日 1981年04月08日
価格 定価:1,265円(本体1,150円)
ISBN 978-4-06-158493-8
通巻番号 493
判型 A6
ページ数 300ページ
シリーズ 講談社学術文庫

著者紹介

著:下村 湖人(シモムラ コジン)

1884年佐賀県生まれ。作家、社会教育家。本名虎六郎。東京帝国大学文学部卒。大学時代には「帝国文学」の編集委員として文学評論に活躍。のち台北高等学校校長となったが、1931年教職を辞して上京、大日本青年団講習所長として青少年教育に従事。1937年ごろからは文筆と講演の生活に専念した。1955年没。主著に『次郎物語』『教育的反省』ほか多数。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る