妖怪談義

講談社学術文庫
ヨウカイダンギ
妖怪談義
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

われわれの畏怖というものの、最も原始的な形はどんなものだったろうか。何がいかなる経路を通って、複雑なる人間の誤りや戯れと結合することになったでしょうか。幸か不幸か隣の大国から、久しきにわたってさまざまの文化を借りておりましたけれども、それだけではまだ日本の天狗や川童、又は幽霊などというものの本質を、解説することはできぬように思います。国が自ら識る能力を具える日を気永く待っているより他はない……(自序より)

目次

  • 1 妖怪談義
  • 2 かはたれ
  • 3 妖怪古意――言語と民俗の関係
  • 4 おばけの声
  • 5 幻覚の実験
  • 6 川童の話
  • 7 川童の渡り
  • 8 川童祭懐古
  • 9 盆過ぎメドチ談
  • 10 小豆洗い
  • 11 呼名の怪
  • 12 団三郎の秘密
  • 13 狐の難産と産婆
  • 14 ひだる神のこと
  • 15 ザシキワラシ(一)
  • 16 ザシキワラシ(二)
  • 17 己が命の早使い
  • 18 山姥奇聞
  • 19 入らず山
  • 20 人の市に通うこと
  • 21 山男の家庭
  • 22 狒々
  • 23 山の神のチンコロ
  • 24 大人弥五郎
  • 25 じんだら沼記事付大太法師伝説四種
  • 26 一つ目小僧
  • 27 一眼一足の怪
  • 28 片足神
  • 29 天狗の話
  • 30 妖怪名彙
  • 31 解説

製品情報

製品名 妖怪談義
著者名 著:柳田 國男
発売日 1977年04月07日
価格 定価:1,056円(本体960円)
ISBN 978-4-06-158135-7
通巻番号 135
判型 A6
ページ数 226ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス