医療薬学英語

イリョウヤクガクエイゴ
医療薬学英語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

医療の英単語がわかり、英文速読の力がつく
医療現場でも多用される英語。そこでのコミュニケーション力向上を目的に医療関係の単語を多数収載。また、「英語を読める」から「速読できる」に重点を置き、実用性を指向。

目次

  • Unit1[広報、報道発表]
  •  カロリー摂取と寿命の関係は?(国立衛生研究所、アメリカ)
  • Unit2[(薬品の)説明書]
  •  アスピリンの心血管疾患リスク軽減への適用(Boots、イギリス)
  • Unit3[ニュース記事]
  •  バイリンガルの脳:2言語間の切り換えは脳のどの部分が司っているか?
  •  (The Daily Yomiuri、日本)
  • Unit4[政府機関からの情報]
  •  ジェネリック医薬品とその安全性について(食品医薬品局、アメリカ)
  • Unit5[パンフレット]麻薬が引き起こす問題(麻薬取締局、アメリカ)
  • Unit6[事実記録]
  •  インフルエンザについてどのくらい知っていますか?
  •  :インフルエンザとその予防接種について
  •  (疾病管理予防センター、アメリカ)
  • Unit7[薬物に関する医師向けの情報と患者向けの情報]
  •  ACE阻害薬の妊婦および授乳婦における副作用情報
  •  (食品医薬品局、アメリカ)
  • Unit8[大学入学に関する要件情報]
  •  イギリスの大学に留学するために必要な情報を集めてみよう
  •  (ロンドン大学ユニバーシティーカレッジ、イギリス)
  • Unit9[大学の科目履修に関する情報]
  •  薬学部の科目履修情報の実例を見てみよう
  •  (ロンドン大学ユニバーシティーカレッジ、イギリス)
  • Unit10[薬の処方情報]
  •  注意欠陥多動性障害(ADHD)の経皮吸収治療薬(Shire社、アメリカ)
  • Unit11[薬剤に関する情報]
  •  アレグラ:アレルギー性疾患治療薬(Sanofi-aventis社、アメリカ)
  • Unit12[研究論文]
  •  心停止患者の救命におけるアミノフィリンの有効性を検証
  •  (Lancet、イギリス)
  • Unit13[ジャーナルコレスポンデンス]
  •  非ステロイド性抗アンドロゲン製剤flutamideのこれまでの
  •  副作用評価は適切か?(Lancet、イギリス)
  • Unit14[レヴュー論文]
  •  スタチン系薬物の副作用についての研究の動向、
  •  最新の検証結果に基づく高脂血症の治療方針、今後の研究の方向性

製品情報

製品名 医療薬学英語
著者名 著:野口 ジュディー 著:神前 陽子 著:三木 知博 著:籠田 智美 著:山口 秀明
発売日 2007年03月27日
価格 定価 : 本体3,000円(税別)
ISBN 978-4-06-155612-6
判型 B5
ページ数 148ページ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス