絵でわかる感染症 with もやしもん

エデワカルカンセンショウウィズモヤシモン
  • 電子あり
絵でわかる感染症 with もやしもん
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

これは事件だ! 
一秒でときめく!夢のコラボがついに実現!
感染症界のエース・岩田健太郎先生 × 菌漫画の金字塔・もやしもん

・わかりやすい!が止まらない。最強タッグによる別格の面白さ!
・感染症に立ち向かう際に、知っておくべきことを厳選して解説しました。
・一般読者・学生はもちろん、医療関係者にも最適です。
・感染症が流行しやすい冬にピッタリの「一家に一冊!」の必携書です。

【主な内容】
第1章 感染症の全体像
1.1 感染症とは何か
1.2 臨床微生物学とは何か
1.3 微生物の病原性と,ホストの防御機構
1.4 感染症疫学とアウトブレイク
1.5 新しい問題

第2章 抗菌薬を理解しよう
2.1 抗菌薬ってなんだろう
2.2 薬理学って大事です
2.3 主な抗菌薬の特徴
2.4 抗結核薬
2.5 抗真菌薬
2.6 抗ウイルス薬
2.7 その他
2.8 抗菌薬適正使用

第3章 症候からアプローチする感染症
3.1 症候学的アプローチ
3.2 臓器別感染症その1
3.3 臓器別感染症その2

第4章 微生物からアプローチする感染症
4.1 微生物学基本
4.2 グラム陽性菌
4.3 グラム陰性菌
4.4 嫌気性菌
4.5 グラム染色で分けられない細菌
4.6 ウイルス
4.7 真菌
4.8 原虫
4.9 蠕虫
4.10 その他の微生物

第5章 特別な問題
5.1 院内感染
5.2 予防接種
5.3 その他

目次

  • 第1章 感染症の全体像
  • 1.1 感染症とは何か
  • 1.2 臨床微生物学とは何か
  • 1.3 微生物の病原性と,ホストの防御機構
  • 1.4 感染症疫学とアウトブレイク
  • 1.5 新しい問題
  • 第2章 抗菌薬を理解しよう
  • 2.1 抗菌薬ってなんだろう
  • 2.2 薬理学って大事です
  • 2.3 主な抗菌薬の特徴
  • 2.4 抗結核薬
  • 2.5 抗真菌薬
  • 2.6 抗ウイルス薬
  • 2.7 その他
  • 2.8 抗菌薬適正使用
  • 第3章 症候からアプローチする感染症
  • 3.1 症候学的アプローチ
  • 3.2 臓器別感染症その1
  • 3.3 臓器別感染症その2
  • 第4章 微生物からアプローチする感染症
  • 4.1 微生物学基本
  • 4.2 グラム陽性菌
  • 4.3 グラム陰性菌
  • 4.4 嫌気性菌
  • 4.5 グラム染色で分けられない細菌
  • 4.6 ウイルス
  • 4.7 真菌
  • 4.8 原虫
  • 4.9 蠕虫
  • 4.10 その他の微生物
  • 第5章 特別な問題
  • 5.1 院内感染
  • 5.2 予防接種
  • 5.3 その他

製品情報

製品名 絵でわかる感染症 with もやしもん
著者名 著:岩田 健太郎 絵:石川 雅之
発売日 2015年01月09日
価格 定価:2,420円(本体2,200円)
ISBN 978-4-06-154775-9
判型 A5
ページ数 240ページ
シリーズ KS絵でわかるシリーズ

著者紹介

著:岩田 健太郎(イワタ ケンタロウ)

神戸大学大学院医学系研究科 教授

1997年島根医科大学卒業。沖縄県立中部病院、ニューヨーク市セントルークス・ルーズベルト病院、北京インターナショナルSOSクリニック、亀田総合病院などを経て、
2008年より神戸大学大学院医学研究科微生物感染症学講座感染治療学分野 教授。神戸大学医学部附属病院感染症内科診療科長。
著書に、『「感染症パニック」を防げ!』『予防接種は「効く」のか?』『99.9%が誤用の抗生物質』(以上、光文社新書)、『「患者様」が医療を壊す』(新潮社選書)、『マンガで学ぶ感染症』『抗菌薬の考え方、使い方 Ver.3』(以上、中外医学社)など多数。

絵:石川 雅之(イシカワ マサユキ)

漫画家

1997年、『日本政府直轄機動戦隊コームインV』で初連載。2004年より『イブニング』(講談社)連載の『もやしもん』で人気を得る。2007年には『もやしもん』がTVアニメ化された。
2008年、『もやしもん』で第12回手塚治虫文化賞マンガ大賞、第32回講談社漫画賞一般部門を受賞。
緻密な線で描く独特の絵柄が特徴、アシスタントはおらず、すべてを一人でこなす。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る