分子論からみる有機化学

ブンシロンカラミルユウキカガク
分子論からみる有機化学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

有機化学を分子論という統一的視点で再考する
化学の王道がここにある!!

有機化学とは何か、どう捉えるべきかという学問の本質を情報が錯綜している現代だからこそ考え直してほしい。
「化学ほどおもしろい学問は少ない」と実感できるはず。

目次

  • 第1部 有機化学とは何か
  •  序章 現代化学の神話
  •  2章 物質のいろいろ
  •  3章 物質をつくる力
  •  4章 立体化学のあけぼの
  •  5章 三次元の化学
  • 第2部 分子間力とは何か
  •  6章 分子間にはたらく力
  •  7章 水素結合の分類
  •  8章 弱い水素結合
  •  9章 分子間力の特徴
  • 第3部 分子間の相互作用
  •  10章 分子を分ける
  •  11章 分子の性質を調べる
  •  12章 分子を見分ける
  •  13章 分子をつくり分ける
  • 第4部 分子間力のはたらき
  •  14章 分子のかたち
  •  15章 分子の旋光性
  •  16章 高分子の相互作用

製品情報

製品名 分子論からみる有機化学
著者名 著:西尾 元宏
発売日 2011年04月08日
価格 定価 : 本体2,600円(税別)
ISBN 978-4-06-154368-3
判型 A5
ページ数 152ページ