生命科学者のための電子スピン共鳴入門

セイメイカガクシャノタメノデンシスピンキョウメイニュウモン
生命科学者のための電子スピン共鳴入門
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

Q&Aでとっつきやすく入りやすい入門書
活性酸素・活性窒素・フリーラジカルの研究に不可欠なESRを基礎理論からスピンラベル法、スピントラッピング法、ESRイメージングまで生命科学者向けにやさしく解説

本書の目的の一つは、スーパーオキシドやヒドロキシルラジカルなどの活性酸素や一酸化窒素、二酸化窒素などの活性窒素が、がんや心筋梗塞、脳梗塞、肺炎などの各種疾患の原因となること、アポトーシスやネクローシスなどの組織障害を引き起こすこと、感染症防御に働くなどの役割を担っていることなどを、ESR計測を通じて理解を深めることである。ESR装置の有効活用には、測定操作や難解といわれているスペクトルの解析などについての正しい知識が求められる。本書では、ESR装置の原理、計測方法や解析理論と解析手法などについて、初心者が利用できるように整理している。――<本書“はじめに”より>

目次

  • 第1章 ESRの基礎知識
  • 第2章 ESR測定で得られる情報
  • 第3章 装置の使い方
  • 第4章 生命科学分野への応用方法
  • 第5章 ESR装置の基礎知識
  • 第6章 スピントラッピング法、スピン酸化法
  • 第7章 スピンラベル法
  • 第8章 金属錯体のESR
  • 第9章 ESR画像装置
  • 第10章 ESR測定を初めて行う人のために

製品情報

製品名 生命科学者のための電子スピン共鳴入門
著者名 著:河野 雅弘 著:吉川 敏一 著:小澤 俊彦
発売日 2011年04月01日
価格 定価:3,740円(本体3,400円)
ISBN 978-4-06-154316-4
判型 A5
ページ数 176ページ

書店在庫を見る