好きになるヒトの生物学

スキニナルヒトノセイブツガク
  • 電子あり
好きになるヒトの生物学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

森のくまの目線で、ヒト(人間)に関係するさまざまな問題を生物学的に考える一冊。
ルポライターを目指して森からやってきた熊と、先生との間に交わされる講義形式で展開。
12か月の四季折々の出来事を踏まえながら、身近なテーマで勉強できる。
文系、理系を問わず、「ヒトの生物学」をもっと楽しみたい人に。
カラー版。

【目次】
1月 年賀状 ~遺伝子は生命のレシピ
2月 バレンタインデー ~ヒトゲノム解析でわかったこと
3月 卒業式 ~男と女の違いを考える
4月 入学式 ~ヒトの発生と再生医療
5月 ハイキング ~こころは脳がつくるのか
6月 梅雨 ~脳の調子を左右するもの
7月 暑中お見舞い ~病気と健康
8月 かき氷 ~ヒトは何を食べてきたか
9月 月見だんご ~からだの調節
10月 運動会 ~なぜ老い、なぜ死ぬか
11月 紅葉 ~ヒトはどこから来たか
12月 大掃除 ~人間は地球に何をしてきたか

※姉妹編に『好きになる生物学 第2版』があります。

『好きになる人間生物学』の改題改訂版。カラー化。
新しい知見を盛り込み、一部の図も見やすく改訂。

目次

  • 1月 年賀状 ~遺伝子は生命のレシピ
  • 2月 バレンタインデー ~ヒトゲノム解析でわかったこと
  • 3月 卒業式 ~男と女の違いを考える
  • 4月 入学式 ~ヒトの発生と再生医療
  • 5月 ハイキング ~こころは脳がつくるのか
  • 6月 梅雨 ~脳の調子を左右するもの
  • 7月 暑中お見舞い ~病気と健康
  • 8月 かき氷 ~ヒトは何を食べてきたか
  • 9月 月見だんご ~からだの調節
  • 10月 運動会 ~なぜ老い、なぜ死ぬか
  • 11月 紅葉 ~ヒトはどこから来たか
  • 12月 大掃除 ~人間は地球に何をしてきたか

製品情報

製品名 好きになるヒトの生物学
著者名 著:吉田 邦久
発売日 2014年11月21日
価格 定価:2,200円(本体2,000円)
ISBN 978-4-06-154181-8
判型 A5
ページ数 272ページ
シリーズ KS好きになるシリーズ
初出 『好きになる人間生物学』(2004年、講談社刊)の改題改訂版です。

著者紹介

著:吉田 邦久(ヨシダ クニヒサ)

東京大学理学部生物学科卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程中途退学、理学博士。立教大学教授を経て、元 駿河台大学教授(昨年定年退職)。現在、駿河台大学名誉教授。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る