バイオ研究のためのラボワーク入門

バイオケンキュウノタメノラボワークニュウモン
バイオ研究のためのラボワーク入門
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

PCR、形質転換、遺伝子組換え、DNAの抽出、DNA解析、電気泳動、SNP解析など、現代バイオ実験の基本技術を網羅した研究者向け入門書。試薬や器具の扱い方・保存方法、実験結果の管理の仕方、統計評価の方法も解説。

目次

  • 第1章 ラボワークに入る前に学ぶこと,ラボワークの準備
  •  1.1 実験室の設定
  •  1.2 法令・指針
  •  1.3 試薬・器具の選定と使い方
  •  1.4 基本操作
  •  1.5 実験系の立て方
  •  1.6 実験結果の管理方法
  •  1.7 統計的評価:統計学と統計解析
  •  1.8 廃棄物処理方法
  •  1.9 検体の保存方法
  •  1.10 バイオ研究支援企業による実験のサポート
  • 第2章 遺伝子組換え実験,遺伝子発現実験
  •  2.1 実験の背景
  •  2.2 形質転換実験
  •  2.3 形質転換大腸菌からのプラスミドDNAの抽出
  •  2.4 電気泳動によるプラスミドDNAの評価
  •  2.5 発現タンパク質の精製,タンパク質の評価
  •  2.6 実験終了後の廃棄物処理
  • 第3章 遺伝子解析実験
  •  3.1 実験の背景
  •  3.2 ヒトゲノムDNAの抽出
  •  3.3 PCRによるDNA断片の増幅
  •  3.4 PCR実験の設定方法
  •  3.5 PCRによるALDH2遺伝子の増幅とSNP解析

製品情報

製品名 バイオ研究のためのラボワーク入門
著者名 著:大藤 道衛
発売日 2010年12月24日
価格 定価:3,300円(本体3,000円)
ISBN 978-4-06-153882-5
判型 B5
ページ数 160ページ
シリーズ KS生命科学専門書

書店在庫を見る