ノーベル賞の生命科学入門 免疫のしくみ

ノーベルショウノセイメイカガクニュウモンメンエキノシクミ
ノーベル賞の生命科学入門 免疫のしくみ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

目次

  • 序章 免疫のしくみに関する研究の潮流
  • 第1章 免疫学の誕生
  • 第2章 ワクチンの開発
  • 第3章 抗体の化学構造の解明
  • 第4章 遺伝子工学と細胞工学の応用―抗体の多様性の遺伝的原理の発見―
  • 第5章 組織適合抗原の発見
  • 第6章 臓器移植と骨髄移植
  • 第7章 細胞性免疫の特異性とそれに関与するユビキチン仲介のタンパク質分解の発見
  • 第8章 抗体産生理論の動向
  • 第9章 新しい感染症の病原体の発見
  • 終章 免疫研究の将来(現状と将来展望)

製品情報

製品名 ノーベル賞の生命科学入門 免疫のしくみ
著者名 著:石田 寅夫
発売日 2010年01月31日
価格 定価:2,640円(本体2,400円)
ISBN 978-4-06-153870-2
判型 A5
ページ数 208ページ
シリーズ KS生命科学専門書
初出 2002年10月に化学同人より刊行された「ノーベル賞からみた免疫学入門」(石田寅夫著)に、その後に免疫分野でノーベル賞を受賞した人々の業績を加え、さらに最先端の免疫学も学べるよう大幅に加筆し、改題、再編集したもの。

書店在庫を見る