植物の発生学

ショクブツノハッセイガクショクブツバイオノキソ
植物の発生学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

胚発生学の基本的事項をもれなく解説。園芸学、育種学などでの品種改良・増殖・遺伝子組換えの実験的基礎となる胚発生学の基本的事項をもれなく解説。農学部系の学生、試験場研究者必読の書。

目次

  • 1 研究小史
  • 2 花
  • 3 小胞子嚢
  • 4 雄性配偶体
  • 5 大胞子嚢
  • 6 雌性配偶体
  • 7 受粉
  • 8 受精
  • 9 胚乳
  • 10 胚
  • 11 多胚性
  • 12 アポミクシス
  • 13 種子
  • 14 実験発生学と応用発生学

製品情報

製品名 植物の発生学
著者名 訳:足立 泰二 訳:丸橋 亘
発売日 1995年10月25日
価格 定価 : 本体4,500円(税別)
ISBN 978-4-06-153708-8
判型 A5
ページ数 216ページ