大学院原子核物理

ダイガクインゲンシカクブツリ
大学院原子核物理
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

基礎から最前線までをコンパクトにまとめる。素粒子論の実験の場としての原子核〓〓というとらえ方で、主要な発展分野を簡潔に紹介する。さらに核融合の展望と問題点、常温核融合にもふれる。

目次

  • 1 核融合への道
  •   1.序論
  •     1.核融合とは
  •     2.核融合炉反応の条件
  •   2.核融合炉成立の条件
  •     1.エネルギー収支
  •     2.定常炉
  •     3.自己点火条件
  •     4.Qの定義
  •     5.何がQを定めるか?
  •   3.トカマク型核融合装置
  •     1.トカマクとは
  •     2.垂直磁場
  •     3.非円形断面トカマク
  •   4.プラズマの磁場閉じ込め
  •     1.プラズマは磁場によっていかに閉じ込められるか?
  •     2.磁気面
  •     3.交換不安定性
  •   5.プラズマの閉じ込め
  •     1.プラズマ粒子の軌道
  •     2.粒子の衝突、衝突によるエネルギーの流出
  •     3.異常熱拡散
  •     4.経験則
  •   6.プラズマの加熱、電流駆動
  •     1.オーム加熱
  •     2.中性粒子ビーム入射
  •     3.ラジオ周波数加熱
  •     4.アルファ粒子加熱
  •     5.電流駆動、ブーストラップ電流
  •   7.プラズマと壁との相互作用、トカマク型核融合炉
  •     1.真空壁とプラズマ
  •     2.トカマク核融合炉
  •     3.核融合炉としての新しい問題点
  •   8.ステラレーター
  •     1.ステラレーターとは
  •     2.プラズマのβ限界
  •     3.ステラレーター中の粒子の軌道、異常熱拡散
  •     4.将来のステラレーター
  •   9.慣性核融合
  •     1.慣性核融合とは
  •     2.実際の慣性核融合
  •   10.常温核融合
  •     1.常温核融合とは
  •     2.理論的な常温核融合の可能性の検討
  •   11.将来の核融合炉の見通し、結論
  •     1.熱核融合炉研究開発のための将来計画
  •     2.他のアプローチ
  •   12.文献について
  •   13.参考文献
  • 2 原子核モデル
  •   1.はじめに
  •   2.平均ポテンシャルとシェル・モデル
  •  

製品情報

製品名 大学院原子核物理
著者名 監:中村 誠太郎 著:吉川 庄一 著:森田 正人 著:玉垣 良三 著:谷畑 勇夫 著:大塚 孝治
発売日 1996年09月30日
価格 定価 : 本体5,340円(税別)
ISBN 978-4-06-153225-0
判型 A5
ページ数 238ページ