俳句とエロス

講談社現代新書
ハイクトエロス
俳句とエロス
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

草城、子規、漱石から楸邨、ちづこまで
これがエロティシズム俳句だ!

連作俳句「赤い月」
赤い月にんげんしろき足そらす 富澤赤黄男
句集『魚の骨』(『現代俳句三』所収)の中の句です。「赤い月」と題する連作俳句五句中の一句。(中略)赤黄男句は、行為の瞬間の「女」の「足」の動きを描写していますので、一句から受ける印象が、大変エロティックになっています。ただし、不思議に猥褻感は、まったくありません。一句を読んだ後で読者に残るのは、「女」の白い「足」のエロティシズム。この一句は、もちろんのこと、五句全体、時にメタファーを用いながらの、朧化表現によって形象化されていることが、文芸作品としての質を保つことになったのだと思います。――<本書より>

目次

  • 第1章 『艶色句選』から日野草城へ
  • 第2章 女人への憧憬
  • 第3章 女体のエロティシズム
  • 第4章 エロティシズムを演出する小道具
  • 第5章 季語とエロティシズム
  • 第6章 メタファーのエロティシズム

製品情報

製品名 俳句とエロス
著者名 著:復本 一郎
発売日 2005年01月20日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-149770-2
通巻番号 1770
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社現代新書

おすすめの本

書店在庫を見る