観念論ってなに?

講談社現代新書
カンネンロンッテナニオックスフォードヨリアイヲコメテ
観念論ってなに?
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

バークリやロックの議論を現代的問題に接続するゆかいな哲学対話
この世界はすべて心の中の観念からなる?!

はじめに
いまどき、なぜ観念論なのかとお思いの方もおいででしょう。観念論?それって、この世界は心の中の観念からなるっていう考えだったかな?そういえば、バークリとか、フィヒテとか、ショーペンハウアーとか、なんとなくそんな名前は連想するけど……。もしかして、その昔、唯物論者がとことん排除しようとした立場じゃない?でも、バークリは、マッハやアインシュタインの先駆者だって話も、どこかで聞いたことがあるような……。確かに、観念論というのは、なんとなく知的興味をかき立てられはするものの、そもそもそれがどういうものなのか、なぜそんなものができあがったのか、また、それがなぜいまどき持ち出されるのか、どうもよくわからない。そう思われる方が、多いのではないでしょうか。――<本書より>

目次

  • 第1章 記号としての世界
  • 第2章 観念論
  • 第3章 歪んだ論理

製品情報

製品名 観念論ってなに?
著者名 著:冨田 恭彦
発売日 2004年11月20日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-149758-0
通巻番号 1758
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る