エロイカの世紀

講談社現代新書
エロイカノセイキキンダイヲツクッタエイユウタチ
エロイカの世紀
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ナポレオン革命とベートーヴェンはどう交錯したか。ヘーゲルは馬上の英雄に何を見たか……近代とともに誕生した「世界史的偉人」を通じて、革命の世紀を生き生きと描く。

英雄の世紀――ナポレオンという「英雄」は、ことによると、ひとつの幻影にすぎないかもしれない。だが、多数の「世界史の偉人」たちが、まだまだ肩をならべて、「エロイカの時代」を演じているのではないか。変革にたずさわった政治家・軍人たち、つまりワシントンやフランクリンも、ロベスピエールも英雄と名づけてよかろう。
いや、政治ばかりか産業にも芸術にも英雄の名にあたいする巨人たちが頭をならべる。そもそも、ベートーヴェンとヘーゲルという、おない歳のドイツ人こそが、英雄の筆頭にたっているようにもみえる。
ときは、「エロイカの世紀」であった。わたしは、これからその「エロイカの世紀」を、たどりたいと考えている。「世界精神の事業遂行者たる使命をおびた世界史的個人」(ヘーゲル)としてのエロイカは、あらゆる領域に姿をあらわすことであろう。――本書より

目次

  • 第1章 英雄(エロイカ)の世紀
  • 第2章 啓蒙の賢人から普遍の天才へ
  • 第3章 啓蒙都市民の誕生
  • 第4章 ヨーロッパ国際関係のなかのドイツ
  • 第5章 ナポレオン革命
  • 第6章 ナポレオン・ショック
  • 第7章 市民と英雄
  • 第8章 古典主義からロマン主義へ
  • 第9章 静穏の1820年代

製品情報

製品名 エロイカの世紀
著者名 著:樺山 紘一
発売日 2002年01月18日
価格 定価:748円(本体680円)
ISBN 978-4-06-149589-0
通巻番号 1589
判型 新書
ページ数 232ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る