日本の遊園地

講談社現代新書
ニホンノユウエンチ
日本の遊園地
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

東の浅草「花やしき」から西の「宝塚」「甲子園」まで懐かしいヴィジュアル資料満載!!

「メリーゴーラウンド」や「飛行塔」の起源は?人々に愛され続けてきた「遊園地」は、時代とともにどう変容したのか。

海を渡った回転木馬――フーゴ・ハッセの仕事では、1970年に完成させた「エルドラド」が知られている。異なるスピードで回転する三重のプラットフォームがあり、二四体の木馬や六体の豚、そしてゴンドラや「おとぎの馬車」がすえおかれた。……頂上には天使が飛び、正面には女神がいる。さらに戦士や獅子、竜といった動物などの彫り物が配置されていた。この「エルドラド」は、ドイツの祭礼で人気を博したのち、1911年にはアメリカに渡りコニーアイランド内の遊園地「スティプル・チェイス」に飾られた。さらに1971年になって、転売がなされて東京の「としまえん」に移された。「アール・ヌーボーの精華」とでも称すべき遊戯機械の逸品は、大西洋を、そして太平洋を渡ったのだ。――本書より

目次

  • はじめに
  • 第1章 遊園地の誕生──公園から遊園へ
  • 第2章 盛り場と博覧会場
  • 第3章 民衆娯楽と郊外開発
  • 第4章 機械職人たちの時代
  • 第5章 戦後復興とテーマパークの時代
  • 第6章 都市とエンターテインメント・ビジネス
  • 第7章 遊園地は何を生みだすか
  • おわりに

製品情報

製品名 日本の遊園地
著者名 著:橋爪 紳也
発売日 2000年09月20日
価格 定価:726円(本体660円)
ISBN 978-4-06-149520-3
通巻番号 1520
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る