決闘裁判

講談社現代新書
ケットウサイバンヨーロッパホウセイシンノゲンフウケイ
決闘裁判
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

当事者主義とは何か?生命と身体を懸けて戦うヨーロッパの過酷な裁判!

権利と正義を求め、生死を賭けた苛烈な裁判。究極の自力救済の戦いは、なぜ中世キリスト教世界で広く行われたのか。欧米型当事者主義の本質に迫る。

目次

  • プロローグ 『ローエングリン』──神の裁きとしての決闘
  • 第1章 神判──火と水の奇跡と一騎討ち(モノマキア)
  • 第2章 決闘裁判──力と神意
  • 第3章 決闘裁判はどのように行われたか──賢明な仕方で運用される愚かなこと
  • 第4章 決闘裁判の終焉と自由主義
  • エピローグ 正義と裁判

製品情報

製品名 決闘裁判
著者名 著:山内 進
発売日 2000年08月18日
価格 定価:748円(本体680円)
ISBN 978-4-06-149516-6
通巻番号 1516
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る