マイルス・デイヴィス

講談社現代新書
マイルス・デイヴィスジャズヲコエテ
マイルス・デイヴィス
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

20世紀を代表する天才音楽家は、40年以上にわたりシーンの最前線を走り続けた。残された膨大な音源から「必聴盤」を紹介し、“帝王”の魅力に迫る。

レコーディングから40年後にあたる1999年、「カインド・オブ・ブルー」にまつわる話題が内外の音楽シーンをにぎわせた……すでにピッチ(演奏の速度)が狂っていたことは数年前に解明され、現在は正規のピッチによる改訂版も発売されているが、それより注目すべきは、このアルバムが発売以来200万枚のセールスを記録し、その半数にあたる100万枚を最近の5年間で売り上げたこと──本書より

目次

  • ●四〇年代ジャズとマイルス登場
  • ●黄金のグループと「カインド・オブ・ブルー」
  • マラソン・セッション
  • ●ロックと闘う“ブラック・ヒーロー”
  • ジョン・コルトレーン脱退
  • ウェイン・ショーター登場
  • ●奇跡の復活と“ポップ・マイルス”の時代
  • プリンスとの交流
  • ●ラスト・ノーツ
  • 運命の日

製品情報

製品名 マイルス・デイヴィス
著者名 著:中山 康樹
発売日 2000年02月18日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-149490-9
通巻番号 1490
判型 新書
ページ数 232ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る