野狐三次

ノギツネサンジ
  • 電子のみ
野狐三次
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江戸の花形、火消しの中でも男の中の男とうたわれた、野狐三次の痛快活劇! 捨て子の境遇ながらも、華々しい火消しの職を得るまでになる三次。しかし義人の行く手に試練はつきもの、悪旗本から芸者を助け、火事に喧嘩に向かう先々で苦難の連続。けれどもさすがは男・三次、果てには天晴親の仇討ちもなし、継ぐは父の名上州屋秀五郎。火消しの頭にもめでたく相成り、愛する人とも結ばれ、全てが万々歳のうちに終わる胸のすく物語。

製品情報

製品名 野狐三次
著者名 編:講談社出版研究所 その他:生頼 範義

オンライン書店で見る