猿飛佐助

サルトビサスケ
  • 電子のみ
猿飛佐助
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

十歳で戸沢白雲斎より忍術を教わり、修行ののち免許皆伝となった佐助は、十六歳で幸村と出会い家来になる。得意の忍術をもって諸国を漫遊中、至る所で弱者を扶けて強者を挫く。彦根の城下に伊井を脅かし、江戸城に関東方の総帥家康に怖じ気を震わせ、仙台青葉城内では政宗を罵る。時に風を呼び火をおこし雨を呼ぶ変幻出没の快場面の連続、痛快講談。

目次

  • まるで人間の洗たくだ
  • 忍術修行に二十四時間勤務
  • がまの平兵衛「ギューッ」
  • 佐助、六勇士を手玉にとる
  • 逆手を食った布団蒸し
  • あわや、腰元楓は落花狼藉
  • 楓、日ねもす身をこがす
  • 猿飛もこれには顔赤らめる
  • 奥御殿に忍び寄る黒装束
  • 六勇士、一番家老につめ寄る
  • 捕らえてびっくり、しまったり
  • 一を知って、二を知らぬ
  • 佐助、沼田城内を騒がす
  • 気合い一声! 人馬もろとも投げ飛ばす
  • 紅一点の女傑白絹の奮戦
  • 秀吉公の荒武者をひしぐ
  • 破裂した狸じじいのかんしゃく玉
  • ひらめく槍先、鈴鹿峠の大乱闘
  • きさまが石川五右衛門か
  • 塙団右衛門

製品情報

製品名 猿飛佐助
著者名 編:講談社出版研究所

オンライン書店で見る