いれずみ奉行

イレズミブギョウ
  • 電子のみ
いれずみ奉行
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

桜吹雪のいれずみに世情に通じた名裁き。その名も高いご存じ遠山の金さん。一途な忠誠心を買われて北町奉行に推挙され、権勢欲の権化、鳥居耀蔵一味を駆逐して江戸市民の喝采を浴びる。名奉行の一代記。

目次

  • 両刀捨てて炭屋の居候
  • 喧嘩ならいつでもまいれ
  • お島、白玉、恋の鞘当て
  • いや、面目次第もござらぬ
  • 男禁制の看板の塗りかえ
  • うまく手管でだますんだな
  • 廓の用心棒、屋上の大格闘
  • 遠山桜に上り竜下り竜の刺青
  • 泊まったらお島に叱られる
  • 父左衛門尉はらはらと落涙
  • あなたはわたしを手籠めにでも
  • 旦那もお仲間かと存じて
  • 囃子方金ちゃんの止め男
  • 吉原組は黙って帰ってくれ
  • ちと奢りがすぎやしねえか
  • ご生母は亡くなられましたぞ
  • イミテーションの団十郎
  • お島いとしや涙の死に別れ
  • 慕いよる二八の女軽業師
  • 小普請入り近藤重蔵の屋敷

製品情報

製品名 いれずみ奉行
著者名 編:講談社出版研究所

オンライン書店で見る