水戸黄門

ミトコウモン
  • 電子のみ
水戸黄門
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

天下の副将軍として諸大名を縮み上がらせた水戸光圀公。隠居してからは百姓姿に身をやつし、助さん格さんという剣術の名人をお供に連れ、諸国漫遊に出かけた。お役人やお侍が、百姓爺だと馬鹿にすると、あに図らんやそれが光圀公。びっくり仰天して大騒ぎ! 山賊退治や孝子の助太刀等、痛快愉快の大活躍。

目次

  • せんだんは双葉より香し
  • 光圀公の悩み
  • 産着に猫のお下がり
  • 「あっ目がつぶれた!」
  • 尽きせぬ縁、親子の対面
  • 世嗣ぎはかわるがわる
  • お犬さままかり通る
  • 光圀公大いに怒る
  • 犬の皮三十枚献上
  • 農夫と土下座問答
  • 百姓は国の宝
  • 手洟、手煙草、肥かつぎ
  • いもいもしい話
  • 藤井紋太夫を成敗する
  • 俳諧師松雪庵元起来る
  • 黒鉄頭の叩き代百文也
  • 奥州路へ旅立つ
  • 孝子丹頂の鶴
  • 大工金太郎の義侠
  • 腕試しの天狗現わる
  • 白河城下の敵討ち
  • 五十人力の勇士
  • 裸にされた黄門さま
  • 小町女剣客の恋
  • 乞食と美人の試合
  • 火吹き竹のいましめ
  • 泣く老婆・詫

製品情報

製品名 水戸黄門
著者名 編:講談社出版研究所

オンライン書店で見る