狐の鶏

講談社文庫
キツネノトリ
著:日影 丈吉 解説:安間 隆次 その他:直江 博史 デザイン:亀倉 雄策
  • 電子あり
狐の鶏
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

真次はこのところ、恐ろしい夢に身も凍る思いをしていた。斧を振るって兄嫁の望を、自分の手で殺してしまう夢だ。ところが、一仕事おえての午睡からさめてみると、夢そのままの光景が眼前に展開しているではないか。果して自分の行為は、夢なのかうつつなのか。あやかしの世界の殺人を描く表題作ほか4編を収録。


斧を振るって兄嫁の望を惨殺してしまう夢に、夜毎うなされる信次。だが、ある日、夢のままの光景が展開して……。表題作ほか「ねずみ」「犬の生活」「王とのつきあい」「東天紅」を収録。日本推理作家協会賞受賞作。

製品情報

製品名 狐の鶏
著者名 著:日影 丈吉 解説:安間 隆次 その他:直江 博史 デザイン:亀倉 雄策
発売日 1979年02月22日
価格 定価 : 本体260円(税別)
ISBN 978-4-06-136128-7
判型 A6
ページ数 216ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る