突然の明日

講談社文庫
トツゼンノアシタ
著:笹沢 左保 解説:武蔵野 次郎 デザイン:亀倉 雄策 その他:伊牟田 経正
  • 電子あり
突然の明日
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

白昼の交叉点で女が消えた、と口走った直後に、凉子の兄は殺された。消えた女とは、兄の元愛人・緋紗江。凉子は、兄の親友・瀬田の協力を得て、犯人追及を試みる。鍵をにぎる緋紗江の行動は、九州へも拡がっていた。そのアリバイを調べる凉子たちの身に、衝撃的な「突然の明日」が襲う! アリバイ崩しを主題にした、著者会心の作。

製品情報

製品名 突然の明日
著者名 著:笹沢 左保 解説:武蔵野 次郎 デザイン:亀倉 雄策 その他:伊牟田 経正
発売日 1977年01月25日
価格 定価:390円(本体355円)
ISBN 978-4-06-136064-8
判型 A6
ページ数 281ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る