天使の傷痕

講談社文庫
テンシノショウコン
天使の傷痕
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

武蔵野の雑木林でデート中の男女が殺人事件に遭遇した。瀕死の被害者は「テン」とつぶやいて息をひきとった。意味不明の「テン」とは何を指すのか。デート中、直接事件を目撃した田島は新聞記者らしい関心から周辺を洗う。「テン」とは天使と分ったが、事件の背景には意外な事実が隠れていた。第11回乱歩賞受賞。 (講談社文庫)


武蔵野の雑木林でデート中の男女が殺人事件に遭遇した。瀕死の被害者は「テン」とつぶやいて息をひきとった。意味不明の「テン」とは何を指すのか。デート中、直接事件を目撃した田島は新聞記者らしい関心から周辺を洗う。「テン」とは天使と分ったが、事件の背景には意外な事実が隠れていた。第11回乱歩賞受賞。

目次

  • プロローグ
  • 第一章 陽光の下で
  • 第二章 悪戯書き
  • 第三章 エンゼル・片岡
  • 第四章 バー・天使
  • 第五章 筆跡鑑定
  • 第六章 天使の影
  • 第七章 フィルム
  • 第八章 疑惑の中で
  • 第九章 北の風景
  • 第十章 案山子と海苔巻
  • 第十一章 A.B.C.
  • 第十二章 事件の核心
  • エピローグ

製品情報

製品名 天使の傷痕
著者名 著:西村 京太郎
発売日 1976年05月26日
価格 定価:545円(本体495円)
ISBN 978-4-06-136041-9
判型 A6
ページ数 276ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る