式子内親王

講談社文庫
シキシナイシンノウ
  • 電子あり
式子内親王
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

後白河皇女として生を享け、斎院として華やかな時を過したはずの式子内親王。しかしその歌は、〈忍ぶる恋〉に特色づけられるように、耀きに満ちたものではない。法皇没後に、陰謀事件との関係を疑われ出家し、孤独な生涯を閉じた式子。なぜ激しく熱い心を、深い鬱情のうちに閉じ込めざるを得なかったのか……。歌と生涯を辿り、一つの時代の終焉を詠めざるを得なかった、女の姿を浮彫りにする。


(忍ぶる恋)に生きた式子内親王の歌と生涯。後白河皇女として生を享け、斎院として華やかな時を過し、法皇没後陰謀事件との関係を疑われ出家、孤独な生涯を閉じた式子の内に展がる深い抒情世界を描く

製品情報

製品名 式子内親王
著者名 著:馬場 あき子 その他:中島 かほる 装丁:亀倉 雄策
発売日 1979年07月17日
価格 定価 : 本体320円(税別)
ISBN 978-4-06-134101-2
判型 A6
ページ数 261ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る