茶の本

講談社文庫
チャノホン
著:岡倉 天心 その他:宮川 寅雄 装丁:亀倉 雄策
  • 電子あり
茶の本
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

フェノロサの弟子として日本美術学界の巨星・岡倉天心。その代表作。この明治に書かれた茶道論は、現代の茶道界批判としても依然として通用し、茶道を通しての卓抜な東洋思想論としても評価される。ーー明治美術界の重鎮・岡倉天心が、茶道を通して、東洋精神を西欧に紹介し、内外に名声を博した名著。宗匠臭のないその清新な思想は、近代茶道の美学のバイブルとして評価されるのみならず、膨大な底辺を擁しながら、精神を忘れ、ただ形式に流れる現代茶道への峻烈な批判として、大きな今日的意義を持つ。

製品情報

製品名 茶の本
著者名 著:岡倉 天心 その他:宮川 寅雄 装丁:亀倉 雄策
発売日 1971年07月30日
価格 定価 : 本体252円(税別)
ISBN 978-4-06-134003-9
判型 A6
ページ数 108ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る