脳100の新知識 その形態・機能から疾患まで

ブルーバックス
ノウ100ノシンチシキソノケイタイ・キノウカラシッカンマデ
編:森 昭胤 装丁:プラスM
脳100の新知識 その形態・機能から疾患まで
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

脳の「聖域」が見えてきた
脳の中には銀河系の星の数に相当する細胞があり、脳の主要な働きは、そのうちの140億個の大脳のニューロンによって営まれている。
今世紀後半、分子生物学や生化学は急激に進歩し、ニューロンの微細構造やその内部の化学物質の構成と機能が、また感覚系や運動系などの基本的な系をつかさどる神経回路網や、それが機能する際の情報処理のメカニズムも明らかになってきた。現時点での脳研究の最前線を、わかりやすく解説した。

目次

  • 1 脳の形態を探る
  •   1.精神の座としての脳――脳は「こころ」のすみかか?
  •   2.脳の発達――はじめに1本の管があった
  •   3.神経情報伝達系(中枢神経系と末梢神経系)――瞬時にして情報が集まり、統合され、全身に広がる命令機構
  •   4.大脳皮質――高次知的機能をつかさどる脳
  •   5.大脳辺縁系――本能的な脳
  •   6.視床――感覚の中継所としての脳
  •   7.視床下部と下垂体――体内ホメオスタシスを調節する脳
  •   8.大脳基底核――滑らかな運動のための脳
  •   9.黒質と赤核――色のついた脳
  •   10.小脳――平衡機能をつかさどる脳
  •   11.青斑核と脳幹網様体――覚醒と睡眠をコントロールする脳
  •   12.脳室と脈絡叢――脳のなかにあるクリーク
  •   13.脊髄――頭から足先までの新幹線としての脳
  •   14.脳血管とウイリスの大脳動脈輪――脳への血液はどのように運ばれるか
  •   15.血液脳関門――二重の砦に守られたニューロン
  •   16.ニューロン――脳の最小機能単位
  •   17.神経膠細胞――ニューロンだけで脳はうまく機能できるか?
  •   18.樹状突起――情報を集めるためのアンテナ
  •   19.髄鞘――混線せず効率よく情報を伝えるための構造
  •   20.シナプスと神経伝達物質――神経系における情報伝達の場とメッセンジャー・ボーイ
  • 2 神経生理の基礎
  •   21.神経細胞生理学
  •   22.静止膜電位――神経細胞が静かなとき
  •   23.活動膜電位――神経細胞が働いているとき
  •   24.イオン機構――膜電位の発生
  •   25.刺激閾値――神経細胞を刺激するには
  •   26.伝導と伝達――神経情報の伝わり方には2種類ある
  •   27.伝導速度――神経内を情報が伝わるのは遅い?
  •   28.跳躍伝導――情報伝導の超特急便
  •   29.神経興奮の伝達――神経細胞間の情報の受け渡し
  •   30.再生――死んだ神経細胞は再生しない
  • 3 あまり知られていない脳機能の話
  •   31.代用脳――カタツムリの脳は人の脳
  •   32.善玉酸素と悪玉酸素

製品情報

製品名 脳100の新知識 その形態・機能から疾患まで
著者名 編:森 昭胤 装丁:プラスM
発売日 1991年02月18日
価格 定価:990円(本体900円)
ISBN 978-4-06-132859-4
通巻番号 859
判型 新書
ページ数 250ページ
シリーズ ブルーバックス

おすすめの本

書店在庫を見る