細胞を読む 電子顕微鏡で見る生命の姿

ブルーバックス
サイボウヲヨムデンシケンビキョウデミルセイメイノスガタ
細胞を読む 電子顕微鏡で見る生命の姿
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

細胞たちの素顔を追う
生き物の身体はさまざまな働きと形を持った微小な細胞によって構成されている。その細胞の大部分は20ミクロン前後(1ミクロンは1ミリの1千分の1)であるから、たいへん小さいことがわかる。
細胞の働きを研究している人達は、その姿を追うために電子顕微鏡を駆使している。これは700万分の1ミリの物体まで解像できる。それで見たいろいろな細胞の姿を集め、その意味を解説したのが本書である。生命を支える精妙な細胞たちの表情を見て頂きたい。

目次

  • 1 細胞を見る前に
  • 2 細胞のつくりを見る
  • 3 活動する細胞の姿

製品情報

製品名 細胞を読む 電子顕微鏡で見る生命の姿
著者名 著:山科 正平
発売日 1985年09月24日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-132623-1
通巻番号 623
判型 新書
ページ数 254ページ
シリーズ ブルーバックス

おすすめの本