トン・ウーとはち

絵本
トンウートハチ
トン・ウーとはち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

いたずら坊主のトン・ウーは、お寺に何百年も住みつく蜂の巣を棒でたたきました。怒った蜂は、トン・ウーに「巣をたたいたやつを知らないか?」とたずねます。トン・ウーはとぼけて、「化け物魚がやったんだろ」とか「そういえば、目もくらむくらいきれいな鳥が通っていったな」とか「腰が抜けるくらいでっかい龍が門をくぐっていった」なんて、ウソばかり。ところが、トン・ウーのついたウソの通りの化け物が現れて……?
お経をあげたり、座禅を組んだり、トン・ウーに犯人を教えてもらおうと色々な芸を見せる蜂と、トン・ウーとのかけあいが楽しい、現代の民話風絵本です。

・文/小風さちさんからのメッセージ
「トン・ウーとはち」によせて 小風 さち
韓国を訪れるたび、あまりの近さゆえ、逆にびっくりする。からくり箱を使って、世界をひっくり返されたような気がする。衣食住はもとより、色彩、作法、言葉の響き。違いと類似に目を見張る。日本が島国ということもあるだろう。玉手箱をのぞくように、隅々まで見てみたくなる。DNAに手招きされるのを、じっと味わっていたくなる。
ある時、浮石寺(プソクサ)という山寺に泊まった。起きると、いい天気だ。どれ仏様のお顔を拝もうと外に出ると、男の子の泣き声がする。見事な泣きっぷりである。蜂に刺されたらしい。境内を掃いていたお坊様が、箒片手に駆けつける。男の子は泣く。お坊様は走る。袈裟がたなびく。お話が生まれる。

小風さち作「トン・ウーとはち」の絵を描く。 小野かおる
韓国の現代の話である。しかもお寺の小坊主の話。ありがたーい話かと思ったら、それが大ちがい。小坊主トン・ウーは、悪ガキなのである。フムフムわたしは悪ガキを描くのが好き、どうもかわいいお嬢ちゃんは苦手なのである。トン・ウーは瞬時にいたずらを思いつく。それも怪物ばかり。韓国の怪物? 調べました。終わりに、トン・ウーが蜂にさされてワンワン泣くところで、ホッとしたものです。
今日はトン・ウー君、お母さんのうしろについて、何を考えているのやら。


・担当者のうちあけ話
お寺に住みつく蜂が座禅を組んだり、お経をよんだり、念仏踊りをしたり……小風さちさんの上品なユーモアが漂うお話と、小野かおるさんの迫力満点の化け物たち(化け物魚、鳳凰、龍)が

製品情報

製品名 トン・ウーとはち
著者名 作:小風 さち 絵:小野 かおる
発売日 2009年05月16日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-132399-5
判型 AB
ページ数 36ページ
シリーズ 講談社の創作絵本

書店在庫を見る