石田三成

講談社文庫
イシダミツナリ
著:桑田 忠親 装丁:亀倉 雄策 装画:倉橋 三郎
  • 電子あり
石田三成
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

石田三成にまつわる陰湿なイメージは、江戸時代、幕府御用学者によってでっちあげられた虚像である。では、三成という武将のまことのすがたは、どのようであったのか? ――「士は己れを知るものの為に死す」との真の武士の信念を常に肚に収め、故・秀吉の信頼と恩顧にこたえて、大敵・家康に挑み殉じた、三成の生涯と実像を描く会心作。


「士は己を知るもののために死す」と信じ、豊臣家のために滅私奉公の限りを尽くし家康に挑戦した石田光成の、戦国武将としての生きざまを時代の流れの中にさぐる。碩学・桑田忠親が従来の光成像をくつがえす歴史読物。

製品情報

製品名 石田三成
著者名 著:桑田 忠親 装丁:亀倉 雄策 装画:倉橋 三郎
発売日 1982年10月08日
価格 定価 : 本体340円(税別)
ISBN 978-4-06-131786-4
判型 A6
ページ数 234ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る