花と骨群

講談社文庫
ハナトコツグン
著:黒岩 重吾 解説:郷原 宏 装丁:亀倉 雄策 装画:箕村 禧男
  • 電子あり
花と骨群
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

部下との浮気でノイローゼになった課長代理が入院。そこで、神経障害者や精神病患者たちの必死の形相にぶつかる。病いに蝕ばまれた心と体の苦悩と、〈健康な生〉への凄まじい執着を追った表題作。ほかに、「さ迷える魂」など、生きること、愛することの苦しみと悲しみを、極限に追いつめられた人間群像のうちに見た6編を収録。

製品情報

製品名 花と骨群
著者名 著:黒岩 重吾 解説:郷原 宏 装丁:亀倉 雄策 装画:箕村 禧男
発売日 1982年05月12日
価格 定価 : 450円(税込)
ISBN 978-4-06-131754-3
判型 A6
ページ数 330ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る