石膏色と赤

講談社文庫
セッコウイロトアカ
  • 電子あり
石膏色と赤
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

坂の向うの空で沈みかけていた、大きな夕日。また、鈍い白い光が漂うその下にあった、夕暮の野原。幼年期に見た、この赤と白のふたつの夕暮とは、何だったのだろう? 幼年期から成年期にかけて想起された心象風景や体験、あるいは人々の印象などを、独得の感性と語り口で構成した、余韻ゆたかな好エッセイ集。

製品情報

製品名 石膏色と赤
著者名 著:吉行 淳之介 その他:古林 尚 装丁:亀倉 雄策 装画:ほんめ としみつ
発売日 1980年05月09日
価格 定価 : 本体320円(税別)
ISBN 978-4-06-131623-2
判型 A6
ページ数 220ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る