長崎犯科帳・青苔記ほか五篇

講談社文庫
ナガサキハンカチョウセイタイキホカ5ヘン
著:永井 路子 解説:尾崎 秀樹 デザイン:亀倉 雄策 その他:丹阿弥 丹波子
  • 電子あり
長崎犯科帳・青苔記ほか五篇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

肥後国の仏師・卯助が、銀札の版木を偽造し、贋札を作った事件の謎を追う「長崎犯科帳」。明智光秀の娘・秀姫が、織田信長の養女として、筒井順慶の養子・定次に嫁いだことによって起る波風をえがいた「青苔記」。大内裏の応天門が焼失した事件をめぐる、伴大納言、左大臣・源信、藤原基経の権謀の渦を書いた「応天門始末」……など、永井路子の傑作短篇時代小説7篇を収録。

製品情報

製品名 長崎犯科帳・青苔記ほか五篇
著者名 著:永井 路子 解説:尾崎 秀樹 デザイン:亀倉 雄策 その他:丹阿弥 丹波子
発売日 1979年01月26日
価格 定価:420円(本体382円)
ISBN 978-4-06-131548-8
判型 A6
ページ数 266ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る