対馬丸事件 沖縄の悲劇

講談社文庫
ツシママルジケンオキナワノヒゲキ
  • 電子あり
対馬丸事件 沖縄の悲劇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

太平洋戦争末期、学童・教師・父兄・病人等1600余名を乗せて、沖縄を逃れ、本土へ向かった学童疎開船・対馬丸は、トカラ列島の一つ、悪石島沖で米潜水艦の魚雷を受けて沈没した。この事実は、長い間軍の命令で隠されていたが、著者はたくましい想像力によって、船と運命を共にした学童たちと沖縄の悲劇を描く。


太平洋戦争末期、学童・教師・父兄・病人等1600余名を乗せて、沖縄を逃れ、本土へ向かった学童疎開船・対馬丸は、トカラ列島の一つ、悪石島沖で米潜水艦の魚雷を受けて沈没した。この事実は、長い間、軍の命令で隠されていたが著者は、たくましい想像力によって、船と運命を共にした学童たちと沖縄の悲劇を描く。

製品情報

製品名 対馬丸事件 沖縄の悲劇
著者名 著:石野 径一郎 解説:折原 脩三 装丁:亀倉 雄策 装画:大久保 四郎太
発売日 1978年06月27日
価格 定価:374円(本体340円)
ISBN 978-4-06-131479-5
判型 A6
ページ数 302ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る