火炎城

講談社文庫
カエンジョウ
火炎城
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

天文十九年、相続をめぐる大凶変の末、大友家二十一代目の主となった義鎮(宗麟)は野性味あふる九州男児だった。九国平定をめざして毛利と争うかと思えば、キリスト教に入信し、仏教徒の奥方と壮烈な夫婦喧嘩、正に異色の大名であった。この怪物の生きざまと戦国時代とを劇的に描いた会心作。

製品情報

製品名 火炎城
著者名 著:白石 一郎
発売日 1978年02月24日
価格 定価 : 本体714円(税別)
ISBN 978-4-06-131444-3
判型 A6
ページ数 494ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る