徳川家康(二十二)百雷落つるの巻

講談社文庫
トクガワイエヤス22ヒャクライオツルノマキ
徳川家康(二十二)百雷落つるの巻
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

三百年の泰平の基礎を築き、その政策を海外へ広めんとする家康。だが大坂方の不穏な動きが嵐をはらむ‥‥。慶長十八年四月、一代の驕臣大久保長安の死を契機に発見された連判状から、家康の六男松平忠輝をめぐる伊達政宗の動き、切支丹宗徒の陰謀が発覚、家康の怒りは爆発し、ついに大坂征討を決意する。

製品情報

製品名 徳川家康(二十二)百雷落つるの巻
著者名 著:山岡 荘八 装画:杉本 健吉
発売日 1974年10月24日
価格 定価 : 本体583円(税別)
ISBN 978-4-06-131222-7
判型 A6
ページ数 413ページ
シリーズ 講談社文庫