徳川家康(十九)泰平胎動の巻

講談社文庫
トクガワイエヤス19タイヘイタイドウノマキ
徳川家康(十九)泰平胎動の巻
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

慶長七年八月、家康の生母於大の方が永眠。翌年二月征夷大将軍に補せられた家康は、徳川・豊臣両家和合のため、孫の千姫を秀頼の妻として大坂城に送ったが大坂方の反徳川の動きは依然活発だった。十月、家康は江戸に幕府を開くべく伏見を発った。翌る慶長九年七月、秀忠に男子出生という知らせが届く‥‥。

製品情報

製品名 徳川家康(十九)泰平胎動の巻
著者名 著:山岡 荘八 装画:杉本 健吉
発売日 1974年09月15日
価格 定価 : 本体583円(税別)
ISBN 978-4-06-131219-7
判型 A6
ページ数 425ページ
シリーズ 講談社文庫