徳川家康(十八)関ヶ原の巻

講談社文庫
トクガワイエヤス18セキガハラノマキ
徳川家康(十八)関ヶ原の巻
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

慶長五年九月十五日、家康の軍勢七万五千と光成の同盟軍十万八千の大軍は、ついに関ヶ原で激突、未明から申の下刻にかけて血闘の結果、東軍の勝利に終わり、光成は京の七条河原で斬られた。大坂城西の丸に入った家康は、諸侯に厳しく賞罰を行い、天下人を目前にした。

製品情報

製品名 徳川家康(十八)関ヶ原の巻
著者名 著:山岡 荘八 装画:杉本 健吉
発売日 1974年08月15日
価格 定価 : 本体583円(税別)
ISBN 978-4-06-131218-0
判型 A6
ページ数 427ページ
シリーズ 講談社文庫