徳川家康(十六)日蝕月蝕の巻

講談社文庫
トクガワイエヤス16ニッショクゲッショクノマキ
徳川家康(十六)日蝕月蝕の巻
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

豊太閤の死後、石田三成は家康に対抗しようとあせった。秀吉に後事を託された家康が、朝鮮からの撤兵を無事に終えるころ、諸将の間に家康に異心ありの噂がひろがり、派閥抗争が激化する。やがて、武断派の加藤清正らにうとまれた文治派の光成はなぜか家康のもとに難を避けてきた‥‥。

製品情報

製品名 徳川家康(十六)日蝕月蝕の巻
著者名 著:山岡 荘八 装画:杉本 健吉
発売日 1974年07月15日
価格 定価:641円(本体583円)
ISBN 978-4-06-131216-6
判型 A6
ページ数 426ページ
シリーズ 講談社文庫

書店在庫を見る