徳川家康(十二)華厳の巻

講談社文庫
トクガワイエヤス12ケゴンノマキ
徳川家康(十二)華厳の巻
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

家康は秀吉の妹朝日姫を正妻にすると、秀吉の生母大政所と対面したのち、後事を本多作左に託し、総勢二万の大軍を率い、関白の弟として上洛、ついに両雄はかたく連携する。浜松に戻った家康が、待望の駿府城に入って東国経営にのりだすとき、秀吉は後顧の憂いなく、勇躍して九州征伐に向かう。

製品情報

製品名 徳川家康(十二)華厳の巻
著者名 著:山岡 荘八 装丁:杉本 健吉
発売日 1974年05月15日
価格 定価 : 本体583円(税別)
ISBN 978-4-06-131212-8
判型 A6
ページ数 445ページ
シリーズ 講談社文庫