徳川家康(七) 颶風の巻

講談社文庫
トクガワイエヤス7ツムジカゼノマキ
徳川家康(七) 颶風の巻
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

武田勢の包囲下に籠城する奥平九八郎の苦衷と、三河武士のど根性を示す鳥居強右衛門の壮絶な最期‥‥。攻防のかぎりをつくした長篠の役で、世にきこえた武田の騎馬隊も、織田、徳川の銃火の前に壊滅。安土城を築いた信長は、家康に、嫡子信康と築山殿の処分を命ずる。武田勝頼はこれを機に決戦を挑むが‥‥。 


武田勢の包囲下に籠城する奥平九八郎の苦衷と、三河武士のど根性を示す鳥居強右衛門の壮絶な最期‥‥。攻防のかぎりをつくした長篠の役で、世にきこえた武田の騎馬隊も、織田、徳川の銃火の前に壊滅。安土城を築いた信長は、家康に、嫡子信康と築山殿の処分を命ずる。武田勝頼はこれを機に決戦を挑むが‥‥。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            

製品情報

製品名 徳川家康(七) 颶風の巻
著者名 著:山岡 荘八 装丁:亀倉 雄策
発売日 1974年03月22日
価格 定価 : 本体583円(税別)
ISBN 978-4-06-131207-4
判型 A6
ページ数 434ページ
シリーズ 講談社文庫