徳川家康(四) 葦かびの巻

講談社文庫
トクガワイエヤス4アシカビノマキ
著:山岡 荘八 装丁:亀倉 雄策 装画:杉本 健吉
徳川家康(四) 葦かびの巻
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

今川義元の死により解放された松平元康は、永禄五年清洲城に信長を訪ねて和睦し、駿府から妻子を迎え、家康と改名。永禄十年、信長は前将軍足利義輝の弟義昭を征夷大将軍にもりたてて、その実権を握る。時に三十五歳。二十七歳の家康は松平の姓を一門に残して、姓を徳川と称し、東海の一角に勢力を伸ばす。

製品情報

製品名 徳川家康(四) 葦かびの巻
著者名 著:山岡 荘八 装丁:亀倉 雄策 装画:杉本 健吉
発売日 1974年01月25日
価格 定価 : 本体583円(税別)
ISBN 978-4-06-131204-3
判型 A6
ページ数 423ページ
シリーズ 講談社文庫