徳川家康(二) 獅子の座の巻

講談社文庫
トクガワイエヤス2シシノザノマキ
徳川家康(二) 獅子の座の巻
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

六歳の竹千代は今川家へ人質として送られる途中、織田方の手中に落ちる。父広忠が非業の死を遂げて岡崎の城は今川に明け渡され、竹千代は今川の手にある織田信長との人質交換で駿府へ送られる。一方、斎藤道三の娘を娶った信長は暗愚をよそおい、四面楚歌のなかで、ひとり時機の到来を待っている‥‥。

製品情報

製品名 徳川家康(二) 獅子の座の巻
著者名 著:山岡 荘八 装画:杉本 健吉
発売日 1973年12月20日
価格 定価 : 本体583円(税別)
ISBN 978-4-06-131202-9
判型 A6
ページ数 437ページ
シリーズ 講談社文庫