暗夜行路

講談社文庫
アンヤコウロ
  • 電子あり
暗夜行路
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

不義の子として生まれ、父に冷遇され、祖父の家で育てられた主人公・時任謙作が、暗い運命に創作をもって立ち向かう自我発展の経過を、美しい自然描写とともに、明晰な文体で表現。祖父の妾で20も年上の女に恋する謙作の出生の秘密とは? 現代日本文学の記念碑とも称すべき名作長編。17年間を要した著者唯一の長編小説である。

製品情報

製品名 暗夜行路
著者名 著:志賀 直哉
発売日 1972年11月15日
価格 定価 : 本体420円(税別)
ISBN 978-4-06-131055-1
判型 A6
ページ数 523ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る