恐龍はなぜ絶滅したか

ブルーバックス
キョウリュウハナゼゼツメツシタカシンカシノミステリーニイドム
恐龍はなぜ絶滅したか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

恐龍を滅ぼした真犯人をつきとめた……
約6500万年前、それまで栄華を誇っていた恐龍をはじめ、70パーセントを越す生物が地球から姿を消した。進化史上最大の謎とされるこの“大絶滅”の真因を探って、これまで多くの学者たちが、さまざまな説を展開してきた。恐龍たちは徐々に滅んだのか、突発的な事件によるものか? あるいは、進化論的にみた不適応のためか、気候変動によるのか……。この本は、そうした従来の諸説を批判的に検討しつつ、微惑星の地球衝突というショッキングな仮説を提起し、その可能性を多方面から実証的に検証する。

目次

  • 1 発端――死体が発見された
  • 2 事件解明の手がかりを得た
  • 3 突発的な『事件』で滅んだ
  • 4 容疑者がしぼられてきた
  • 5 惨劇現場を再現してみた
  • 6 犯行現場をつきとめた
  • 7 絶滅の真因に迫った
  • 8 情況証拠は固まった
  • 9 ほかの可能性も考えてみた
  • 10 真犯人を確定し、再犯を防止する

製品情報

製品名 恐龍はなぜ絶滅したか
著者名 著:M・アラビ- 著:J・ラブロック 訳:中沢 宣也 訳:萩原 輝彦 装丁:プラスビ-
発売日 1984年12月20日
価格 定価 : 本体777円(税別)
ISBN 978-4-06-118189-2
通巻番号 589
判型 新書
ページ数 302ページ
シリーズ ブルーバックス

おすすめの本